折り紙の小銭入れについて詳しく解説します

折り紙の小銭入れについて詳しく教えます

折り紙の小銭入れとは、折り紙でつくられたコインケースのことを言います。
小さなころ、誰しもつくったことがあるのではないでしょうか。
折り紙の小銭入れとは、他のものに比べて(キリンとかゾウとか)に比べて、
折り方がとても簡単です。

 

 

中にはとてもトリッキーなものがあったりして、
折り方の解説を見ながら取り組んでも、
なかなか成功しなかったりするものですが、コインケースに関しては、
まったく困ることがない、といってよいでしょう。

 

 

 

直線に折って行けば、完成します。 
折り紙の小銭入れとは、やはり紙でできていますので、
耐用性に優れるとは言い難いです。
だから、一度つくって、それをずっと使い続ける、
ということは難しいかもしれません。
しかし、やや丈夫なつくりの紙も売っていたりします。
こうしたものを選ぶと、かなりもちは良くなるのではないかと思います。 

 

 

 

千代紙などで試してみてもいいかもしれません。
通常の紙に比べて、カラフルでとても綺麗です。
また、通常の紙よりも丈夫にできています。
かわいい柄なので、一度つくると、愛着がわくものです。
大切に使っていきたいですね。 

 

 

子供が作るものではありますが、
もう少し凝ったつくりの折り方もあったりしますので、
アレンジしてみると楽しいかもしれません。
仕切りをつけたりボンボンなど
の飾りをつけたりするのも良さそうです。
あなただけの、オリジナルなタイプのコインケースを作って、
楽しんでみるといいかもしれませんね。