マチ開き型の小銭入れについて詳しく解説します

マチ開き型の小銭入れ ご存知ですか?詳しく教えます

マチ開き型の小銭入れとは、底が広くなっているので、
小銭をたくさん入れられるようになっているタイプものを言います。
マチ開き型の小銭入れとは、たいていのものが当てはまるものです。
しかし中には、マチがついていないコインケースもあり、そういうものはとても使いにくいです。 

 

 

マチ開き型の小銭入れとは、チャックを開けると、
底も開いて、中を広く見ることができます。
だから、中にどんな小銭が入っているのかを確認できます。
そうすると、支払いの時に必要な小銭をすぐに取り出して、使うことができます。
しかし、底の部分が開かないタイプのものだと、コインケースのスペースの中に、
コインがぎゅうぎゅうに押し込まれている状態です。

 

 

 

中を見るのも大変だし、取り出すのも大変だったりします。
もたもたしていると、後ろに並んでいる人に嫌な顔をされてしまいます。
だから、なるべく中が大きく開くものを選びたいものです。 

 

 

 

コインケースもそうですが、札入れのほうも、
できれば底が開いているものだと使いやすいです。
底のないものだと、コンパクトな見た目にはなります。
だから、ジャケットのポケットに入れても、形が崩れることはなくなります。
とてもおしゃれですね。

 

 

しかし、残念ながら実用的な意味で見ると、あまり魅力はないかもしれません。
やはり、コインケースというのは、実利がものをいう小物ではないでしょうか。
だから、底がそれなりにきちんと開いて、中を見れるものが望ましいのです。