L字ファスナータイプの小銭入れが実は大好きです

L字ファスナータイプの小銭入れとは?

L字ファスナータイプの小銭入れとはチャックが
アルファベットの「L」の形になっているものを言います。
L字ファスナータイプの小銭入れとは長財布についているものに多いかもしれません。
長財布と言うのは、いろいろなものが付属しているものです。

 

 

札入れがあったり、カード入れもたくさんあります。
ポケットもいっぱいです。
だから、そういういろいろなものを付属した形態の中で、
なるべく場所をとらずにコインケースをつくるとなると、
こういった形状が一番便利ということになります。 

 

 

 

コインケースだけのときでも、こういった形状のものは、わりによく見かけるようです。
I字のものだと、上のところだけしかひらきません。
しかし、L字になっていると、上に加えて横もファスナーで開けてしまいます。
だから、中味を見やすいです。
しかし、横のところも開けてしまうということは、
うっかりすると中身がこぼれてしまう、ということはあるかもしれません。
だから開くときには、横に傾けないように注意したいです。 

 

 

 

ブランド物の財布についているコインケースでは、
こういった形状のものがとても多いように思えます。
やはり、使い勝手が良いからでしょう。
前にプラダのI字のものを使ったことがありますが、
中味がとても取り出しにくくて苦労した覚えがあります。

 

 

そういう例は、特殊かもしれませんが、だいたいにおいて、Lの形をしています。
札入れとコインケースを別々に持つ、というときに、すぐ取り出せると便利ですね。